Arc’teryx Sidewinder SV Jacket 修理あがり

最愛のお山ジャケットArc’teryx Sidewinder SV Jacketを密かに修理に出していました。

150921_001s


修理内容はラミネート外れ。接着部が剥がれてしまったんです。

Arc’teryxの修理に関しては以前グリーンのSidewinderのシームテープが僅かに剥がれてしまい代理店に直接相談したことがあります。その時はサンウェストで販売店を通せと直接のやりとりを頑なに拒否されてしまいました。その時は僅かな剥がれだったのでリペアテープで自己修理しました。

でも今回は派手に剥がれまして、それに場所が裾だったのでリペアテープの自己修理は不可能と判断。代理店に相談することにしました。

上記したとおり以前は頑なに拒否された…のですが、代理店がアメアスポーツに変わっておりSUUNTO Ambit2で解らないことがあった時に明快な答をもらえた経験があったので相談してみました。

するとすんなりと受け付けてくれることになりArc’teryx原宿ブランドストアに郵送しました。到着したであろう日の午前中に電話をいただけて、裾以外にも袖口やパウダースカートにも細かい剥がれがあることを伝えてくれました。そして修理の為にどのくらい使っているか・洗濯等のメンテナンスはどうやってきたか等丁寧に聞いてくれました。

洗い方(特に乾燥機やアイロン等で熱を加えることだと思いますが)によっては生地自体の劣化や剥離の可能性から修理をおすすめしないケースもあるようです。

私のジャケットの場合問題ないでしょうという話になり、修理期間は2,3ヶ月で費用は15,000円程と教えていただけたので修理をお願いしました。そして待つこと2ヶ月。修理があがり手元に届きました。

150921_002


一番派手にイッていた裾も完璧♪本国ではハンガーループ辺りにも剥がれを見つけてくれてそちらも修理くださったようです。ちなみに修理代13,500円(税込)。送料はArc’teryx原宿ブランドストアで負担してくださったみたい。ありがとうございます。

以前修理を断られた時から「次は修理体制のしっかりしてるPatagoniaにしよう」という意識があったのですが、今回のことから今後もArc’teryxを安心して買えると気付けてとてもとても嬉しいです。ずーっと愛していきたいと思います。