KASK PROTONE ファーストインプレ

先日のクールポタでKASK PROTONEを初おろししましたのでちょこっとインプレ。
比較対象はこれまで長く使ってきたGIROの廉価版ヘルメットTRANSFARです。

161114_001.jpg


それでは端的に

・軽すぎる
・空気通りすぎる
・フィット感抜群すぎる
・ストラップが優秀すぎる
・デザインがすっきりしてて満足度高すぎる

もうね、これ比べるのが可哀想なくらい定価が違いすぎるのですが、でも他に比較できる基準を持ってないので仕方ないですね。
でも決してTRANSFARが悪かったというわけではなく目指してるところが違いすぎるのだと思います。その証拠にPROTONEをかぶるまで不満はありませんでしたから。


以上…
というのもサラッとしすぎているので補足しておきましょう、そうしましょう。

まず軽すぎる件については言葉通りで、空気が通るという話も同様です。
ちょこっとだけ付け足すと20%の坂を太陽を背にして登っている時ヘルメットの影に穴が確認できました。それ程通るようになっているのでしょうね。その様子の写真を撮るのを面倒くさいからとやめてしまった事に今反省。


次にフィット感のお話。
ヘルメット自体のフィット感はどちらも同じだったのですが、頭を振った時にTRANSFARはどこか揺れる部分がありました。それがPROTONEは皆無。素晴らしい。
これは軽さも相俟っての事のような気がしますね。

161114_002.jpg


更にフィットさせる深さも調整できる事も付け加えておきます。

161114_003.jpg



そして一番気に入ったストラップが優秀すぎる件。
今でも多くのヘルメットが耳の前後から垂れ下がる2本のストラップを樹脂パーツで一つにまとめ顎下に回るようにしていますね。TRANSFARもそれです。

161114_007.jpg


このタイプって好きに調整ができる…というのは良い言い方で、どう調整してもストラップが僅かに立ったりグチャとした感じがあって好きになれませんでした。走り始めると気にならなくなるので問題はないのですが調整している時はちょっとイライラする時もありました。

一方PROTONEは別体で肌に対してストラップがフラットに当たるようになっています。

161114_008.jpg


顎下の部分も一枚ものでスッキリとしていて調整しやすく好感度高いです。


そして最後のデザインの件は…もういいですよね。



161109_002.jpg


というわけでとても良いお買い物となりました。
これにて年内の自転車関連物欲病万歳!はおしまい。
可能な限り乗っていこうと思いますが…時間あるかなぁ。
最近何気に忙しいです。