2in1で7回目

午前中とあるところにお邪魔してきました。

170315_000.jpg


また日記的に書き記していくことになると思いますがこちら関連の詳しいことはまた後日。
でも簡単に書き残しておくと、魅力のある方々で自分がお邪魔した時には来訪者は私一人だったのですが、昼頃にはワイワイとした感じになっていました。以前からお話ししてみたかったご夫婦もいらしたのでここぞとばかりにアレコレそれこれドレコレとお話を聞かせてもらって大満足な時間でした。皆さんありがとうございます。

その足で2in1へ行き2017シーズン7回目の滑りをしてきました。
天候は風が強く、小雪・吹雪・薄日さす…といめまぐるしく変わり忙しかったです。
(パノラマ写真↓の場所によって空の色が違うことからご察しください)

170316_004.jpg


余談ですが夏場にこの尾根をSSMTBで走りたいなぁと狙ってます。

3月中旬というとゲレンデ下部は水たまりができる程緩んでいることが多いのですが、雪面のベースはしっかりめ(硬め)、表面は柔らかというなかなかに滑りやすいコンディションで3本の板を代わる代わる乗り換え味わいました。

170316_005.jpg


左から・gentemstick TT 165 ・Moss king 160 ・Moss snowstick U2 です。

乗った順番は…最初にking、次いでTT、その後はU2、最後にもう一度TTでした。

kingは安心感と自由さ、U2はおかしな楽しさ、TTは突き抜けた楽しさと気持ち良さ。kingやTTについては何度も書いてきたのでyoneくんから借りっぱなしのU2について書きたいと思います。

初見の感想は「まったくもって落ち着かない。だがそれが楽しい」でした。

これ実は子供用のスティックなんです。だから短いは細いわ柔らかいわで自分たちが乗るとセンターがめちゃ狭くて大変なことになっちゃいます。その様子を言葉にすると、ノーズをがっつり捉えようとすると逃げられ、テールを長く使おうとすると抜ける…。そして曲がるのは後ろ足ビンディングのやや後ろ側にあるとエグれたような角度のサイドカーブを使ってクィッと向きを変えるのがコツ…というか醍醐味(?)といった感じ。

後ろ足の引きつけで自分の軸を板に近づけ、常に狭〜いセンターに居続けなくてはならないヒジョーに疲れる、でも上記したサイドカーブを使いながらゲレンデの細かい地形を拾って重箱の隅をつつくような滑りをするととっても楽しいです。

よく考えると軸の引きつけは他の板も同じように乗るべきであって、もしかしたらU2はスノーボード界の大リーグ養成ギブスかもしれません(笑)

本領発揮は深すぎないザラメや深すぎないパウダーなんじゃないかな?と思います。特にザラメはすっごく楽しめそう。この板に皆で乗ってチマチマくるくるとゲレンデを攻めるようにトレインしたら笑えてきてメチャクチャ楽しそうですね。そのうち皆で買って遊べたらいいな〜と密かに夢見てます。yoneくん長いこと貸してくれてありがとう。

そんなこんなで13時半〜終了時間近くの16時まで板の交換以外は休むことなく滑り続け楽しい午後でした。

最後に本当に、本当に余談ですが、写真は全てBlackBerry Passportで撮っています。かなり綺麗に撮れるし、パノラマ撮影もしやすいし、何より画面の形どおりの真四角写真がいい感じです。