BIS最終日 BlackBery Boldにありがとう

BlackBerry OS7までの機種に必須のBIS(BlackBerry Internet Service)。
BISはキャリアが用意するものなのでドコモが用意し管理してきたのですが、本日がそのBISの最終日でした。

というわけでBISがなくなると本領発揮できなくなってしまうBBB(BlackBerry Bold)9900と共に過ごしました。


自分にとっての初BlackBerry(以後BB)はBold9000(以後BlackBerry Bold=BBB)。ドコモから発売されたのを機にSBからナンバーポータビリティして9000の発売日に購入しました。それからちょうど8年の月日が流れました。
あの頃のことを振り返ると、発売後に発熱問題やらなんやらで数ヶ月発売を停止したこと、最初はBISが1,575円/月 ととても高かったこと等懐かしく思い出しました。

最初手にした時はカッコよさに痺れ大満足だったのですが独特な操作感に悩まされたり、度重なる故障・その度10日ほど預けては交換…という時期があり心離れそうになったこともありました。でもドコモショップ岡谷店の支え(神対応:内容はナイショ)とiPhoneとの2台持ちをすることで凌ぎ、BBB9780に買い換えるとiPhoneさえ要らなくなりBB Loveに拍車がかかっていきました。どのくらいLoveだったかというと9000同様何度も故障入院したのですが、めげることなく修理上がりを待ち続けられた程です。

BBB9900発売時には9780絶好調だったことや9900のカメラが残念すぎること、また9780のサイズが気に入っていたことからスルーしましたが、販売終了後まさかの再販を行った際に手に入れました。色はホワイトが欲しかったのですが…出遅れ即完売でした。
9900はサイズが大きくカメラはかなり残念でしたが、より一層打ちやすくなったキーボードとサクサク動くOSに感激したものです。

その後BIS受付終了〜サービス終了のアナウンス。でも全く迷うことなくBIS終了まで使い続けることを決めていました。

暫くしてMVNOのデーター通信専用simの月額料金が下がり、速度も安定してきたと知り初めてandroid機を手に入れます。メイン端末にするつもりはなかったので格安のエントリーモデルLineageを購入するも数ヶ月で液晶割れ。次は中級機のg03を手に入れBBB9900または9780との2台持ち生活で便利に過ごしていました。

いよいよBIS終了まであと2ヶ月弱というところで開発コードBB Mercuryの発売が現実味を帯び、正式発表まで僅かというタイミングで新宿ビッグカメラでBB好きでClassicとPassportの2台を持ち歩く筋金入りの店員さんと出会い話す機会がありました。

彼の「PassportはBB OS最後の機種だよ」という一言が頭のなかでぐるぐるし…Marcury改めKeyone発売まであとひと月というタイミングでPassportを購入。それが現在です。
ちなみにカラーは9900で憧れたホワイトを選びました(ホワイトを選ぶために新宿ビッグカメラで買えなかったことが少し残念というか後悔というかでした)。

自分のスマートフォン遍歴。左から・・・
・Nokia 6630(vodafone 702NK)
・BBB 9000
・iPhone 3Gs
・BBB 9780(修理中なので下の下の写真参照)
・BBB 9000
・BB Passport

170331_001.jpg


更にBBB9000とPassportの間に…
・Poraloid Lineage
・goo g03

150913_000151126_008


BB以外のOSも使うことでBBの得手不得手を理解できました。
はっきり言ってしまうと得手は部分は他スマートフォンよりも相当にずば抜けていて、でも不得手な部分は他スマートフォンよりも相当に劣っていますw

でもそれを知ってなお愛し続けることができるBlackBerry。
インターネット関連はBISの必要がないOS10のPassport + IIJmioで、通話とSMSは9780か9900で使い続けると思います。

170310_013.jpg


でも今回、一度区切りとしてBBB 9000,9780,9900にありがとうの記事を書き残しておこうと思います。本当に、本当にありがとう。