本州一周タイムトライアル

昨年のGWに日本でとんでもない距離を走ろうとする自転車乗りたちがいることを知りました。
twitter上で主にやり取りをしてる彼らがチャレンジしたのはGWの9日間で主に一桁台の国道を繋いで本州一周(約3,500km)を走りきろうというもの(2016年が2回目だったようです)。ざっくり1日390kmを毎日走り続けるというとんでもない内容に目を白黒させながらこっそり応援していました。

※詳細はこちらにありました
>> 第3回本州一周TT|TwiPla

でもGWは自分たち滑り手からするとラストパウダーチャンスを狙っている節もある時期で、北へと緯度を上げれば気温は下がり雪の可能性もまだまだ高い頃です。2016年はまさに悪天候に見舞われ完走者なしで幕を閉じたと記憶しています。

そんな彼らが2017年のGWもチャレンジするということでとても楽しみにしていました。特に以前からフォローしているMTBランドヌールでSSMTBでのブルペ完走もしているフィリップさん(本州一周TTはロードバイク)、同じくSSでのブルペ完走もしているちゃりもさん、そしてファットバイクで出走したなるさん…MTB乗りとして推したくなる3名…を中心に陰ながら応援していました。
するとその3名が9日以内の完走を達成、更にほか1名も時間外ながら完走というすごい幕引きとなりました。

自分の事ではないのにその結果にとてもとても興奮したことを覚えています。結果もさながら応援者(傍観者?)としては経過がとても興味深く楽しく、TLを見返したりブログに纏めてくださった方の記事を読んだりしたものです。
それから時が経ちすっかり忘れていたのですが、当時のことを振り返り参加者たちが筆をとった(キーボードを叩きがあってますかね?)本が発売されたと知り手に入れました。

170927_005.jpg


読みたかったのは完走者もDNFの方もどんな気持ちと体調でどんな選択をしながら走ったのかということ…とは思っていたのですが文字だらけすぎませんか?(笑)

170927_006.jpg


でも出走した皆さんなるべく軽装で走ったのでしょうから写真は全てスマートフォンでしょうから大きな写真というのは厳しいでしょうね。
それに段組みが良いからかスラスラと読むことができました。

まだ前半しか読めていませんが、参加した皆さん本に纏めてくださった方に感謝しながら続きを楽しみたいと思います。