ステムマウント

先日乗り初めでちょこっと触れたステムマウント(本当はステム共締めのフロントバイクマウントと言うのでしょうかね?)のお話しです。

180110_006.jpg

本当はステムに共締めするシステムが良かったというわけじゃないくて、この手のアイテムだったら王道のレックマウントのハンドルバー2点留めでよかったのですが、ハンドルバーの形をよ〜くみたところそれはは使えないことに気付きました。

171227_004-1.jpg

それでステム共締めのタイプしかないだろうと探し始めました。問題はクランプ幅の大きなTHOMSON X4に装着できるものがあるのかということ。

殆どのものがダメでしたが、いけそうな、いややっぱりダメそうな…そんなギリギリの感じのものをみつけることができたので恐る恐るオーダーしてみました。

ブラケットが立体的になっていることも背中を押しました。将来的にはGarmin eTrex30Xとライト類をマウントしたいと考えているので程々の重量に耐えられそうなちょっと立体的な形状になっているのがいいな〜と思っていたのです。

発送は中国からだったようで一週間程かかりましたが無事到着。ほっ。

180106_002.jpg

中身を確認。

今回これを選んだのは上記した”取り付けられそう”という理由と共に

・キャッツアイのサイコンホルダーが付属している

・下にライトやウェアラブルカメラ等を取り付けられる

という理由がありました。

なのでこの付属品が必要不可欠でした。

180106_003.jpg

早速仮組み。ん、良さそう。

180106_005.jpg

そして恐る恐る取付…おぉ、ギリギリ付きましたよ!!

180106_007.jpg

なかなかいい感じです。

180106_009.jpg

それで気を良くして先日走ったときには意味もなくライトも付けてみました。ブレることもなくガッチリとした印象でGood。将来的にはVOLT800を装着する予定です。

180110_006.jpg

ウェアラブルカメラを取り付ける時はきっと訪れないでしょう。

とまぁこんな様子でステムマウント導入完了です。

軽く調べた感じではTHOMSON X4にこういった物を付けている方の情報は出てこなかったので書き記しておきます。