学びは続くよどこまで…なの?

ここ数年学ぶチャンス多い環境に入っていまして、本日も「身体感覚講座」なるものを受講してきました。

きっかけは気功師の前ちゃんと友人のtomoちゃん。野口整体を学んだtomoちゃんから得られる身体感覚を経験しておいたほうがよいという前ちゃんの言葉を信じて、tomoちゃんの先生、松田恵美子さんの講座を受けさせていただきました(説明がややこし…)。

前ちゃんの体験談は割愛しますが、鈍い自分が解るかな…?と不安な点もありましたが思い切って申し込み。松田恵美子先生の事はあえてあまり調べないよう過ごし当日を迎えました。

何も案内がないと解りにくいので戴いたチラシを貼っておきます。

180514_00.png


内容はそれぞれの民族的な身体感覚の捉え方の特徴から入り、私たち日本人のことを改めて知りセンスを生かしていこうよというメッセージの後、一つのテーマに沿って躰を使って学ばせていただきました。

詳しい内容は割愛しますが、このところ悩んできた中国のものと日本のものの相違点を躰から知ることができてとても満足です。でもまだ理解をはじめた段階なので今後の私の練功のなかでどういう落ちどころを見つけていくのかが楽しみです。

別件になりますが、4月からは本格的な気功の学びがスタートしました。まだ2回しか授業を受けていませんが既に途方に暮れるレベル…。それを理解し自分のものにすることはできるのか…甚だ疑問で自身もありませんが先ずは3年間走ってみたいと思います。