引きが軽いと評判のアウター&インナー ニッセンケーブル

ロードバイク乗りの一部で人気が上がってきている「ニッセンケーブル」。
特にブレーキワイヤーで力を発揮するとのことで興味あるのですが、MTBはオイル、グラベルバイクのWarbirdはシマノの上級グレードのインナーを入れてから間もない(距離を走っていない)ので静観していました。

ところがココで興味が湧いて…ということもありますが、それ以上に必要に迫られるようにシフトワイヤーのアウター&インナーを購入しました。



使う先は従兄弟のTECH-INハードテールダウンヒルバイクです。
とてもコンパクトな車体で、ワイヤーの取り回しがかなり窮屈な車体。それを解消する為に、リヤエンド〜ディレーラーまでのシフトワイヤーは大きな弧を描くようかな〜り長く装着してありました。それはたまにリヤホイールのスポークに干渉し、補強の為に(?)シフトワイヤーの一部にスパイラルコードを巻いてありました。

以前…10年以上前…にコースを走る専用バイクとして整備してもらっていたとのことで、コースではこれでいいかもしれませんね。でもトレイルも走るとなると何処かに引っ掛けてトラブルが起きそうです。

なのでその取り回しをコンパクトにしつつも引きが軽いを両立できるに違いないと期待値高めです。

実際の感じとか、バイク全体の感じは装着したらまた紹介しますね。

・MTB シフト用 アウター(MTB,ロード兼用)

シフト用 インナー(MTB,ロード兼用)

・MTB ブレーキ用 アウター(MTB,ロード兼用)

・MTB ブレーキ用 インナー

・ロード ブレーキ用 インナー