rolcaの播州織ストール

昨年の春に登場してすぐ定番アイテムとなってしまった
rolcaの播州織ストールが届きました。


140127_08

>> rolca|マルチボーダーコットンストール
>> rolca|パネルボーダーコットンストール


播州織とは兵庫県北播磨地域で作られる伝統時な織物。

先染めの糸を使い織り上げた生地で一定のレベルに達しているものに
与えられる呼び名で、職人魂の宿る…そんな由緒あるレベルの高い生地です。

その北播磨地域の真ん中、西脇市でrolcaのオーナーとデザイナーが
古い織機を改造してストール用に作り替えてしまった拘りある職人と出会い
rolcaらしい配色・パターンで織り上げてもらう特別なストールです。


播州織の特徴は…

 軽やかで柔らかさとシャリ感を持ち合わせた気持ち良い肌さわり
 自然で味わいある表情やフリンジの縮れ具合
 シャンブレーのような立体感を感じる鮮やかな色味
 …等々

私たちが求める要素を多く持った素敵ストールです。
(毎回このような説明…すみません)


私も昨年のものを1年通して使わせてもらったのですが
羽織ったり 首に巻いたり ひざ掛けにしたり 汗を拭いたり
とても気持ちよく便利に使わせてもらいました。

特にあってよかった〜と思ったのは夏の電車のなか。
クーラーで寒くてたまらず、体にくるりと巻いていました。

その際このストールだから良かったと思うのは

サイズ…上半身を完全に覆ってくれる
薄さ …寒くないけど暑くない程よさ

でした。
また、コットン100なので暑いなか日差し除けとして使っても
汗を吸ってくれてとても快適でした。

そして一番大切なファッションとして気に入ってる部分は
薄いのにペタッと潰れすぎずに折り重なる雰囲気がとても良いのです。


140127_20


といった具合でいいことづくめのrolcaの播州織ストール。
女性だけでなく男性にもおすすめしたい逸品です。

カップルやご夫婦、はたまた友達同士で色違いのお揃いで楽しみませんか?

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.