smaddyの実力

もともとメディアへの露出機会の多いsmaddyですが最近また特に多い気がします。

「雑誌に出てるブランド=良い」

という訳ではないけれどsmaddyの実力は感じています。

というのは、星の数程あるブランドの中には着る方の目線での”着こなし・着回し”を考えきれていなかったりコーディネートアイテムが用意されていないブランドもあるのです。

ただ”流行のラインだから売れるだろう”で作っている感じがしたとき、
確かにこだわって作っているけどトータルのファッションとしてバランスはどうなの?と思ったとき「これはどのアイテムとコーディネートしようか?」と、わざと聞いてみる時があります。

ちょっと意地悪だけど、着こなしは十人十色だから面白いのだと解っているけど、
更にファッションは着こなし・着回しだけでなく時には突出した1アイテムのコダワリを楽しめるのも魅力だと充分解っているけど
ブランドとしての提案がなかったり、あっても弱いのは寂しいですよね。

smaddyはそのへん完璧です。
着こなし例を聞いて返事が詰まったり返ってこなかったことがありません。
着こなしが見えてもの作りをしてるな〜、これがブランド力だな〜って感じます。

また、もの作りに対してのプライスも適正〜ややお値ごろ感があってこれもまた本当のブランド力だな〜って感じています。

そのうえで表現力があるからメディアに露出してくるのは当たり前なのかな?
最近はそう思って眺めています。
photo
(掲載雑誌:nadesico)
店頭のsmaddyっ子達は少なくなってきていますがまだまだ楽しめます。
店頭でsmaddy、そしてmielyの良さを感じてみてください。

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.