いい意味で中間的な服

1年の中で結婚式などの”お呼ばれ”が多い季節が何度かあります。

お呼ばれのことを最近”オケージョン”と呼んだりするのですが
そのオケージョンが頻繁に重なる年というのはさほど多くなく
結局のところ、あるようでない…ないようである…
皆さんそんなリズムだと思います。

(※オケージョンの本当の意味はもっと広義のはずです)

オケージョン用の服というのは普段着にくいものが多く
清潔感があればほとんどのシーンはカジュアルで通せる今
それ用に用意するのは、とても気持ちの入った行事の時とか
喪服くらいのものではないでしょうか?


140523_00


さて、オケージョン対応の服…つまり”お呼ばれ服”について少し考えてみます。

大切な部分は「フォーマル感」だと思います。
「フォーマル感」を噛み砕いて言い換えると「品の良さ」になるのではないでしょうか?

そして「品の良さ」は”素材感”と”出すぎないデザイン”で表現できると考えています。

その要素をクリアーしつつ普段着としても楽しめる
”2度美味しい”アイテム…それをメヌエットでは

「いい意味で中間的な服」と呼んでいます。


8252--02


こういったものは数多くはありませんが
出会うことができたらとても便利で楽しめて
無駄のないお買い物になると思います。


ここ数年メヌエットで用意する服はカジュアルが中心なので
所謂合成繊維のオケージョン専用品といった面持ちのアイテムより
天然素材を中心とした「いい意味で中間的な服」が私たちの用意する
アイテムとしてちょうどいい…そんな気がしています。


今年はそんな服をいくつかご用意させていただくことができました。
ですが既にお嫁に出てしまいホームページで紹介できるのは
ワンピース1つのみとなってしまいましたが、今後もこのタッチのものを
ご用意できるようアンテナを張っていますので
そういった洋服が必要な際は是非お声がけください。


長くなりましたがそんなワンピースを紹介しましたのでご覧ください。


>> rolca|ピマサテン キャミソールワンピース

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.