テイストの掛けあわせ

8月から諏訪らしくないぐずぐずとした空の日が多いですね。
スカッと気持ち良い感じがありませんが例年の厳しい残暑と比べると
とても過ごしやすく秋のファッションが気になっている方が多いのではないでしょうか?

そういう私たちも秋の装いが楽しく自分達が着ているものもそうですが
店頭でトルソの着せ替えを楽しみつつ毎日を過ごしています。

さて、久しぶりのコラムは素材のあわせのおはなし。
実はコーディネートを考えはじめると「素材あわせ(テイスト)」と「バランス(ボリューム)」は
要素として外せない項目だったりします。


今日組んだコーディネートはひとつめの要素として素材あわせを
ふたつめの要素としてバランスを意識してみました。


140905_02-1
※クリックすると大きな写真になります。


ひとつめの要素である素材合わせでテイストの掛け合わせをしました。

羽織は柔らかくナチュラルなタッチのコットン100
シャツはドビー織のドット柄が可愛らしい、こちらもナチュラルなタッチのコットン100
そこにキュプラを主成分とするサテン地のパンツを合わせました。


テイスト違いのアイテムなので普通に考えると組み合わせが考えにくいと思いますが
イレギュラーだからこそ楽しいコーディネートと思い提案させていただいています。

とはいえ、バリバリにきれい目なサテン地では流石に違和感が大きいです。
このisatoのパンツはピカピカのサテンでなくひと洗いしたようなゆるい顔つきを持っているので
いい感じで馴染んでくれる…その辺が大切な要素だったりします。


2つ目の要素であるバランスで全体の調整をしました。

ブラウスは裾広がり、パンツはもも周りがゆったり〜裾の細いテーパードでダイヤモンド型のバランスです。
裾、袖はどちらも8〜9分丈でパッツンとした雰囲気。
そこにパンツと同じほどの長さの軽い羽織を重ね縦長の印象を作りました。

その際羽織が重く感じないよう袖をひと折りしブラウスのカフスを見せました。



といった感じで今日のコーディネートが完成です。

実際には更にシューズや靴下、そしてアクセサリーやバッグの要素も考える余地があって楽しいですね。


と、こんな感じで店頭で楽しんでいただけるよう私たちも楽しんでいます(笑)

シーズン初めは特に楽しいアイテムが多いので是非店頭に遊びにきてください。
お待ちしております!

コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.