白馬鑓中央ルンゼ

1月末にイチロヲさんに誘っていただいたおかげで一緒にゲレンデを滑り、その夜プチ割れまくり〜温泉まつりを楽しませてもらった時にGロボさん、ISEさんに誘っていただいた白馬鑓中央ルンゼからの滑降が実現しました。

本当なら1週間前が実行予定日だったのですが生憎の雨模様…というか前日からの酷い大雨の時点で延期と決めてましたが、1週間ずれ込んでのアタックは一日高気圧に覆われ最高のお山日和となりました。

集まったメンバーは、Gロボさん、ISEさん、ISOくん、自分…そしててんちょの5名。おぉっと、てんちょも一緒とは知りませんでした。病み上がりで大丈夫かな〜?

挨拶と準備を終え5時過ぎに猿倉を出発し大雪渓をえっちらおっちらと登ります。

photo
::上部は昨日の降雪で真新しい白い雪。

お山日和なのは何よりなのですがちょっと暑すぎです。

汗だく汁ダクで大雪渓を一歩一歩詰めますがいっこうに稜線が近づいてきません。でもそういうものだと知っている皆。焦らず自分のペースを守って…そして時たま仲間の姿を確認しながら…そして時よりおしゃべりをしながら…そしてまた自分のペースに戻って思い思いに登ります。

大雪渓の2/3あたりから斜度が急に増します。最初スプリットボードで登りきれるか心配だったのですが結果的に難なくこなすことができました。というのは昨日あった降雪がいい感じでスキーシールとスキーアイゼンに喰ってくれたから。場所を(雪を)選べば直登できるほどのコンディションにちょっと感激。むしろザラメ化が進んでいる場所のトラバースの方が神経を使いました。

大雪渓最後のピッチ手前でリグループ。皆疲労が溜まりはじめたのでしっかりと休憩をとってから稜線に乗り上げます。この際スプリット隊のGロボさんと自分はアイゼンに履き替えましたがてんちょはスプリットのまま。経験値の高さをみせてくれました。

photo
::杓子のカッコいい姿を横目に登る。

稜線に乗り上げると雪がないのでアイゼンを脱ぎ山歩き。杓子の裏をトラバースし、つづら折りの道を歩き続けます。もちろん板は背負ったまま。今期は一度も板を背中にしていなかったので体ができていないし、普通の板の3割増の重さのスプリットボードが肩に食い込みぐったりです。

photo
::途中覗き込んだ扚子沢。広くてカッコ良くて気持ち良さそうで滑り込みたくなったけど今日の目的地はもうちょっと先。

そんな自分と比べて後半になって再びパワーアップしたGロボさん、4日連続のお山にも関わらず溢れる体力でずーっと元気なISOくん、やはり連続のBCで疲れているはずのISEさんも終止変わることなく、てんちょは…あれ?リハビリじゃなかったでしたっけ?…と、皆さんのお山の経験値の高さを横目に「弱音は吐けないな〜」と思いながらなんとか歩き続け、やっと鑓のピークに到着。

ちなみにここまでで8時間。なかなかの距離です。

photo
::鑓頂上で記念撮影。てんちょ、撮影ありがとうございます。

この後は本番の滑り。

久しぶりのピークからの滑り、はじめての斜面、そして何よりロケーションにビリビリ痺れドキドキと踊る心。そんな気持ちを飲み込み仲間の滑りを見守ります。

photo
::Gロボさん

photo
::ISEさん

photo
::ISOくん

photo
::てんちょ…滑りの写真がなくてごめんなさい。

自分は…雪は程よく緩んだこの時期としては最高のコンディションなのに、最後まで痺れた心を飲み込めずセーフティーな滑り。シーズン中もっと滑り込む必要があった…とちょっと悔しい思いをしました。

photo
::滑った斜面

この後、白馬鑓中央ルンゼ問題のノドの手前でリグループして一人ずつ抜けます。

photo

湿雪ドロドロスラフ、雪崩河、クラック、落石、滑りにくいことこのうえない状態。気持ちいいのは先ほどの上部のみでした。でも仕方ありません、これが白馬鑓中央ルンゼ。もちろん板は…だけど、落石に当たってケガとかしないだけでOKです。

ノドを抜けてリグループしてから右に大きくトラバースし、ちょっとした快楽のヒトトキです。Gロボさんにいただいたビールの一口がメチャクチャ美味しかった〜♪

photo

でもここで終わりではありません。更に滑り降り、そして一度登り返し。

ぐったり&うんざりではあるんだけど目的の場所を滑ったという気持ちでいっぱいで、後ろ髪ひかれるような思いで何度も何度も振り返りながら登りました。

photo

photo

photo

登り返し後は大トラバースをして長走沢へ滑り込み、林道は板を手にとり猿倉まで戻り約12時間の冒険を無事終えることができました。

今回このメンバーでお山に入ることができてとっても幸せでした。

行く前は、このメンバーとお山に入ることが楽しみであって場所はどこでもいい…という気持ちでいたのですが、やっぱりこの場所でよかったと終えてから思いました。

皆さんありがとうございます。

これからも末永く宜しくお願いします。

:追記:

Gロボさんの記事→[白馬鑓中央ルンゼの長旅]

てんちょさんの記事→[過激なリハビリ][長い旅でしたね]