インクのお話

もう何年もから使ってきたLAMYのインク、みんな大好きブルーブラックが終わりそう。

170317_001.jpg


終わったらまた買えばいいだけ。でもちょっとした浮気心で他ブランドの同色をチェックしていると数年前からLAMYが顔料インクを作らなくなっていたことを知りました。ガーン

染料インクはうつろいやすい…そう思っているので顔料のブルーブラックで”らしい”色合いと思われるものを調べるとPelikanが良さそうということで先日買っておきました。

170317_002.jpg


ちなみにPelikanは以前ブラウンを買ったことがあります。
使いどころが難しい色なのでなかなか減らないのですけれどもね。

170317_003.jpg


早速ブルーブラックをお試し。
綴り通りのインクで、太極拳の指導帳として使っている無印の文庫本ノートに書きました。

170317_004.jpg


一文字のなかのインク濃淡の見え方はどちらも好みなうえで・・・

LAMYはどこかノスタルジックな儚い色合いが素敵(元の色から変色しているような気が…)。
Pelikanはキリッと鮮やかな色合い(上のLAMY比)。これもなかなか好み。

どちらも甲乙つけがたいです。

また両者の違いは書き味にもありました。LAMYはやや渋く、Pelicanはスルスルと走る感じ。
実は以前LAMYの顔料インクはやや渋いという話を聞いたことがあるのですが初めて実感しました。Pelikanの万年筆らしいスラスラ感は心掴むものがありますね。

というわけであと僅かのLamyは特別な時の為に、でも気づいたら乾いてて使えない…なんてことがない程にとっておくことにしましょう、そうしましょう。

最後に余談ですが、チャンスがあったら手に入れたいペンとインクをみつけてしまいました。でもそれはそのショップでないと買えないので(通販をしていない)また手に入れることができたら紹介しますね。