新しい目…stage9

X-Pro2

先日TecoBuyから届いたのはこれでした。もう日本では新品を適正と思える価格で手に入れるのは難しいようです(在庫少数すぎるのか高騰してしまいました)。

X-Pro1を手に入れて1年。プライベート、仕事、どちらでもよく撮りました。
自分のレベルならPro1でも十分な写りをしてくれるのですが、一部に故障があってずっと気に病んでいました。

もう一度Pro1を手に入れる選択肢も考えましたが進化を感じてみたくなりました。

もちろんPro3も選択肢にあがりました。Pro3を語る際必ずといっていいほど話に上がる背面液晶”Hidden LCD”はファインダーを覗いて撮る自分にとって魅力。

それは、”LCDを使う時=MENUをいじる時”なので開くなりLCDのアクションが始まりPro1,2のようにVIEW MODEボタンでの切替えの必要がないこと、その後ファインダーで撮る時にまたVIEW MODEを押す必要がなく操作がシンプルになるからです。

余談ですが自分にとってアイセンサーの必要はなく、LCD・ビューファインダーの2択で十分と感じてます。シンプルがいいな〜。

ですが…Pro2の方が各所の造形がカッコよかったこと、諦めていた適正価格の新品をみつけられたこと、Pro3は手に入れられる期間・チャンスはまだまだあるので楽しみにとっておいても良いでしょうということで決めました。

Pro1から2の自分としての大きな変化は、シャッタースピードが1/8000まであること、露出補正ダイヤルが+-3まであること、そしてISO値もダイヤルで変更できることの3つでしょうか。

あっ、もうひとつ。SDカードスロットの位置が変わりながら2枚刺せるようになったこと。これは地味に嬉しいです。

Pro1よりも明らかに高性能になって高感度性能も上がっているでしょうから色々な意味で”可能性も高くなっている”と思うのですが、これまで工夫で撮っていた部分も性能で楽々カバーできるとなった時に、少々変な表現かもしれませんが「なぁ〜んだ」と飽きてしまわないかちょっと心配です。D300sを購入した時に少しそういう気持ちがあったので。

メニュー類はまだ戸惑いがありますが、持った感じが少し持ちやすくなり、撮った感じ動作はが少し速くなった程度で違和感なくスムーズに移行できそうです。
ま、デザインはほぼ同じなので当然ですね(笑)

レンズ初装着時に少々キツめでキュッとした感触に心地よさを感じながら、今回初めて選ぶ丸紐タイプのストラップがよく似合うなと満足感を高めました。

観測史上最長となった梅雨が明けた今日からX-Pro2との生活スタートです!!